2016年10月08日

【うつ病は治る】治療に薬不要、副作用なしの「治し方」食事で?

「自宅でうつ病を根本的に克服する」なんて可能でしょうか?
うつに苦しんでいる方には、信じられないかもしれませんが

「食べ物」を変える事で、食事を変えるだけで
うつ病を治療する事が可能になります。
「食事」が治療には重要です

セロトニンをはじめとする脳内神経伝達物質が、
脳内に十分に維持されて、信号の伝達がスムースに行けば、
うつ病などというバランスが崩れた状態にはならないのです。

これが、「食べ物」を変えれば、うつ病を根本的に克服できるという所以です。



もしかするとあなたも、今はまだ半信半疑かもしれません。
まさか、食事を変えるだけで?食べ物を変えるだけで??

でも、これは今までにたくさんの「うつ病」患者さんを治療してきた
私たちだからこそ、
はっきりと申し上げることができる真実なのです。

「食べ物」を変えれば、うつ病は克服できます。

うつ病を克服するために、まず最初にしなければならないことは、
“食べもの”を変え、体(脳)を健全な状態に作り直すことです。

「20年以上うつ病に苦しみ、何度も再発を繰り返していましたが、
“食べ物”を変えてからは、一度も再発していません。」
という方もいらっしゃいます。
うつ病の治し方は、食事を変える事

私たちのうつ病克服法は、食べ物を見直して病気を根本的に克服するという方法です。

「脳」や「内臓」を含め、
私たちの体を作っているのは、まぎれもなく「食べ物」です。


その「食事」を見直すことで、
うつ病を根本的に克服することができる健全な土台ができるのです。

「体(脳)」が変われば、「こころ」も変わります。


「体(脳)」が軽くなれば、「こころ」も軽くなります。


私たちの「こころ」を作っているのは、私たちの「体(脳)」です。

私たちの「体(脳)」を作っている「食べ物」を変えれば、
病気は根本的に克服することができるのです。

【荒木式】うつ病克服プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜(配送版)

私たちは、私たちのクリニックで指導しているうつ病克服法を
1人でも多くのうつ病や精神疾患で苦しんでいる方にお伝えするために、
その克服法のすべてをDVDに収録しました。

私たちのうつ病克服法は、
今までにお話してきた通り、「食事による克服法」です。

はっきり言って、今までになかった画期的な方法だと思います。

ご自宅でできる、「うつ病」治療
治し方も無理せず、食べ物で「食事」で改善を目指して頂けます。
posted by ゆっくりと at 23:22 | うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【うつ病の治し方】薬や心理療法など治療でも?画期的な治療法が

「うつ病」の治療でお悩みでありませんか?
治療に「薬」や心理療法を用いても、改善が見えないなど
うつからの脱出が出来ない方に

今から、あなたを苦しめているうつ病や精神疾患を根本的に改善して、
二度と再発させない画期的な克服法についてお話をします。



この方法を実践すれば、元通りの元気な頃の生活を取り戻して、
充実した毎日を送ることができるようになります。

薬や心理療法をやめられた方もたくさんいらっしゃいます。

さらに、この方法は、自宅で簡単に実践することができる方法なので、
誰でも気軽に始めることが可能です。

私たちは、この方法で、必ずあなたを
うつ病や精神疾患から助けることができると確信しています。

今、あなたの心の中をのぞくと、きっと…

「早く良くなりたい」でも「もう少し休んでいたい」
「仕事をしたい」でも「やり遂げる自信がない」
「一人で乗り越えたい」でも「助けてほしい、見放されたくない」
「薬をやめたい」でも「やめるのは怖い、主治医の言うことを聞かないと…」
というさまざまな葛藤があると思います。

早く元通りの元気な生活を取り戻して、
昔のように活動的な毎日を送りたいと

切実に思いながらも、何を試してもなかなか病気が良くならないのではないでしょうか?

また、夢や将来への希望を持って、 充実した毎日を送りたいと切望しながらも、

どうしても未来に対して悲観的になってしまっているのではないでしょうか?

私たちは、たくさんのうつ病患者さんと向き合ってきましたので、
あなたのその気持ちはすごくよく分かります。

自分で何とかしたいと思っているのに、
自分ではどうすることもできないその精神的な苦痛は、
何事にも代えがたい苦しみだと思います。


今、あなたは、本当に苦しい毎日と戦いながら、
必死になって暗闇の中の出口を探している状況だと思います。


その苦しみに耐えながら、 本当によく今日まで頑張って来られましたね。

そして、よくこのページまでたどり着いてくれました。

もうこれ以上、1人で苦しまなくて良いんですよ。

【荒木式】うつ病克服プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜(配送版)

「うつ病」の治し方と言えば「薬」治療がありますが
薬を飲んでもなかなか良くならないと感じている人は多いと思います。

それどころか、初めは1種類だった薬が、
週を追うごとに2種類、3種類…と増えていって、

それでもまったく良くなっていない方は
実際にたくさんいらっしゃいます。


良くなるどころか、薬の飲み過ぎで、頭がポカーンとして、考えるとか判断するとか、

それどころじゃなくなってしまっている方さえいらっしゃいます。

薬を飲めば良くなると言われたのに、
勧められた薬をきっちり飲んでも治らなかったら、
本当にどうして良いか分からなくなりますよね。


治らないどころか次第に薬の量が増えていけば、
「一生自分はこのままなんじゃないか…」
という不安にも押しつぶされそうになると思います。

そして、さらに厄介なのは、薬の副作用です。

そもそも薬では、
うつ病や精神疾患を根本的に治すことはできません。

例えば、パキシルなどの抗うつ薬は
脳の働きに大きく関係している、
●ドーパミン
●セロトニン
●ノルアドレナリン
●エンドルフィン


などの脳内神経伝達物質が減らないようにするための薬です。

脳内神経伝達物質とは、脳からの指令・信号を体に伝える役割があります。

多くの場合、うつ病や精神疾患の原因は、この脳からの指令・信号が体にうまく伝わらず、
非常にアンバランスな状態になってしまっていることによるものです。


これらの脳内神経伝達物質の発信と受信がうまくいかないと、

例えば、やる気が出ないとか、
気分が憂うつだとかという、さまざまな支障が現れてきます。


これらは、
いわゆる“うつ”や”うつ状態”と言われる症状の一例です。


パキシルなどの抗うつ薬は、
脳内神経伝達物質を減らさないようにする薬です。


しかし、うつ病や精神疾患を根本的に治すためには、

脳内神経伝達物質を減らさないようにするだけではなく、

そもそもその指令・信号の伝達自体をうまくいくようにする必要があるのです。


信号の伝達をスムースにしてあげることによって、
病気を根本的にに治すことができるのです。


抗うつ薬などで、仮に一時的にうつ症状を改善させても、
それはあくまでも一時的なものであって、うつ病の根本的な解決にはなりません。


薬の効果が弱くなると、また同じ症状が出てしまいますし、
薬剤耐性によってどんどん薬の量も増えていってしまいます。

それによって、
なんとかうつ病の“回復期”や“リハビリ期”を乗り越えたとしても、
またしばらくして再発を繰り返すということにもなりかねないのです。

上記のような理由で、 一時的に薬の力で脳内神経伝達物質が減らないようにしても、
うつ病の根本的な病気の改善にはならないのです。


これは今までに
たくさんのうつ病患者さんを治療してきた私たちだからこそ、
はっきりと申し上げることができる真実なのです。

“食べ物”を変えれば、うつ病は克服できます。

うつ病を克服するために、まず最初にしなければならないことは、
“食べもの”を変え、体(脳)を健全な状態に作り直すことです。


posted by ゆっくりと at 23:04 | うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
催眠心理療法士が導き出したダイエット法
うつ病で障害年金2級 ゆっくりと療養